投資の神様ジム・ロジャースも商品の時代と言っている。いまからでも遅くない商品先物でハイリターン!
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
↓↓投資を始めるならこのサイトでじっくり選んで自分にあった会社を賢く見つけよう↓↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここまでなんとかブログを続けてきた(まだはじめて間もないですがw)こんな初心者でもインターネットでブログとはいえ自分のページをもつことが出来ています。

と言う事は?

当店のホームページもそろそろ必要か!?

しかし、ホームページを作るとなると並大抵のことではできないはず!
(そう思っているだけかもしれませんが。。)
実際には、お米の味や品質・量(店頭に並べてる数量)などお客様が当店で気持ちよくお買い物をしていただくよう心がけながら、他のお買い物が出来るように5kgから無料で配達をしています。もちろん、野菜だろうが果物だろうが荷物が重たいものはお米と一緒に配達していますので大変喜んでいただいて配達サービスは好評です。

が?

ホームページを作るとして、もし、インターネットでお買い物をして、お客様が喜んでいただけるような、そんなホームページ作りがはたしてできるのだろうか?もちろん良いものを安く提供することが一番なのかもしれませんが、当店では値段が安くすることは非常に困難です。

「なぜ値段を安くできないのか?」

たぶん、皆さんは疑問に思われるかもしれませんが、たしかに当店は一般のスーパーなどで売っているお米と比べれば値段は高いかもしれません。だけど当ブログで簡単に説明しているお米の等級など味や品質にこだわっており、仕入れの値段に差が出てくるため、値段が割高に感じるのだと思います。もちろん値段に差が出るということはおいしさや香りなどが、まったく違ってきます。

まぁ値段はさておき、ということはどんなサービスをすればお客様が喜んでもらえるかということです。自分では喜んでもらえるのはもちろんですが、びっくりする驚きもその中でできればと考えてはいるのですが、考えれば考えるほど悩み面白いというか、喜んでもらえそうなことがなかなか浮かんできません。サービスもそうですがホームページを作るということも頭を悩ませていますがw

どなたか、「こんなのどうだろう?」ということがありませんか?
当然そんなの自分で考えろ!という方もいらっしゃると思いますが、

はっきりいいますが、自分は力不足です!w(頭不足かw)


●最後まで読んで頂きありがとうございます。
 記念にコメント&クリックをいただけると嬉しいです。→e_03.gif
スポンサーサイト
toukyu.jpg

お米に等級があるのはご存知ですか?
お米の品質に順位をつけるために品質検査をしているものですが、1等級米、2等級米、3等級米、規格外米となっています。

普段買われるお米の袋には、産地・産年・銘柄は販売業者に表示義務がありますが、等級に関しては表示されていません。中でも規格外や中米といったお米を食べると、やはり1等級米とは「美味しさ」は格段に違います。(中米とは、一度選別落ちしたクズ米を再選別して仕立て直したお米です。)

【等級が決まるまで】
①JAに農家から集荷されてきます。1袋(30.5kg)
 1袋あたり30kgではないのは、お米の品質や水分量などを調べ
 るためのサンプルを採ったりするから少し多めに入れられます。

②重さが量られ、農家別・品種別に区分けされます。

③お米の水分・色・つや・形を見極めます。
 このときにお米の等級が決まります。

④等級が決まると米袋に「等級印」をつきます。
 検査機関の検査員が、適正に検査をおこなった証拠として
 「検査印」をとなりにつけます。
 (大きな丸の中に点一つが「1等米」です。)
 写真の「◎」印が1等米の証です。

最近ではいろいろな所でお米を売られていますが、なるべく、自分が「信頼できる」・「信用できる」ところでお米を購入して、自分の口にあったお米をこの機会に探してみてはいかがでしょうか?

●最後まで読んで頂きありがとうございます。
 コメント&クリックを頂けると、とても嬉しいです。→e_03.gif
昨日は売り出しだったのですが、生憎の天候。
天気の悪い日にはいまいちお客様の入りも悪い。お米の売れ行きもやっぱり、悪天候。

売れ行きが一番よかったのは「あえ餅」。
aemochi.jpg

やわらか~い一口サイズのお餅に甘すぎないあんこを上からのせたものですが、2~3個はペロッといってしまいます。昨日は白いお餅ではなく、春を先取りの「よもぎ餅」を作りましたので食べた瞬間はあんこ、次によもぎの味が口の中で広がり、なかなか好評でした。

1ヶ月に一回ぐらいしか販売していないこともあるのかもしれませんが、
「太るからこんなのはあんまり食べたらだめなんだけどなぁ」とか
言いつつも買われるお客様が多く、お客様も楽しみに買っていかれます。(笑)

●最後まで読んで頂きありがとうございます。
 コメント&クリックを頂けると、とても嬉しいです。→e_03.gif

ミルキークィーンってご存知ですか?

実はお米の名前なんです。

「どんなお米?」って聞かれると。。

名前のとおり、お米の色が普通のお米より白っぽい。
食感は普通のお米よりモチモチっとした感触で、もち米の
ような感じ。

ん~。。。。おこわって感じが説明するのに一番近いような
気がしますが、味はこしひかりの味をしっかりと受け継ぎ、
甘めでやわらかめ。
miruki.jpg
当店では数年前から置いていますが、去年ぐらいから人気が急上昇中の注目のお米です。お客様の中でも、「デパートに行かないと置いてないけど、当店に置いある」ということをたまたま聞いて買いに来るほどおいしい」と高評価のお米です。

みなさんも近くのスーパーやお米屋さんで探してみては
いかがですか?

●読んで頂きありがとうございます。
 コメント&クリックを頂けると、とても嬉しいです。→e_03.gif
お米の洗い方ってわかってるような、わかってないような。
こんな素朴な疑問ってありません?
当店のお客様にもよく聞かれる質問の一つですので、美味しく
ご飯を食べるコツとして、知ってもらえればと思います。

お米の炊き方の流れはこのようになってます。

ポイント① 使う水

お米を洗う水ですが、普通の水道水でOKです。
(冷たい水のほうが美味しく炊き上がります。)
寒い時期など冷たいからといって、ぬるま湯やお湯などは使わないで
ください。お米に染み渡る水分の量が、外側と内側で変わってきます
ので炊き上がると外がベチャベチャ、中が芯のある状態で炊き上がり
ます。

ポイント② 洗う

さっと軽く洗う。(できれば5分以内)

軽くお米に水をくぐらせてから水を捨て、軽く円を描くようにお米を
洗いましょう。また軽くお米に水をくぐらせて、水を捨てます。
このように4回ほど繰り返せば、お米は洗えます。

お米についたヌカやホコリなどを洗い落とすだけですので、必要以上
力を入れてゴシゴシと洗ったり、ザル等を使って洗わないように気を
つけましょう。お米が割れたりする原因となります。
もちろん、洗剤などでも洗わないようにしてください。(笑)


ポイント③ つけおき

季節によってお米をつけておく時間(浸水時間)は変わりますが、
目安として
 冬場は 30分から1時間ほど
 夏場は 20分から40分ほど

ぬるま湯やお湯などでつけないでください。

最近、IH炊飯器などが多くなってきてますが、このIH炊飯器
でご飯を炊くときは、つけおきをせずに炊いても美味しく炊くこと
ができます。ほかには土鍋で炊くときもつけおきはいりません。

ポイント④ 炊く
炊飯器に入れて、炊飯ボタンを押すだけ(笑)
水の分量ですが、基本的に3合を炊くときはお釜についている目盛
にあわせて炊いてください。
お米や季節によって水の量は変わりますので、一度お米を炊いてから
次に炊くときに調整してください。

ポイント④ 蒸らす

炊き上がってから、一度しゃもじで炊き上がったお米を混ぜて5分
ぐらいおいてください。これによって、中までふっくらと炊き上がり
ます。

ほかの方法としては、もう一度、炊飯ボタンを押して5分ぐらい炊飯
すると美味しく炊き上がります。

ご飯が美味しいと、おかずもよりいっそう美味しく食べれると思いま
すので、ご飯の炊き方をこの機会に見つめなおしてはいかがでしょう
か?

●読んでくれてありがとう
 コメント&クリック頂けると、とても嬉しいです。e_03.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。