投資の神様ジム・ロジャースも商品の時代と言っている。いまからでも遅くない商品先物でハイリターン!
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「商品先物取引って何?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
危なくないの?とか、いろいろと「株」と比べるとイメージが悪く感じますが、そんなことはありません。「商品取引」でも、「株取引」と同様に「自己の判断・責任」で取引がされます。

「株」は会社の将来へ投資しますが、「商品先物取引」は商品の将来価値へ投資します。通常「株取引」の場合の投資方法は、基本的に株券を「買う」ことですが、商品取引の場合は、商品の未来価値を「売り買い」することができます。
株で言うところの信用取引が誰でも出来るということです。

【商品先物取引のルーツ】
 江戸中期に開設された大阪堂島の米会所取引です。海外ではベルギーのアントワープで商品取引所が開設され、発展を遂げてきました。現在では、ニューヨーク、シカゴの先物取引がヨーロッパを凌ぐ発展を遂げています。

古くは日本の米取引が始まりで、いまや世界の商品が取引されています。みなさんがよく知っているところでは、「ガソリン」・「金」などがよく耳にされると思います。この2つの商品を注目すると「世界の動向」が非常にわかることができ、いまや世界経済中心にあることはまちがいありません。

次回は、「メリット」と「デメリット」についてふれていきたいと思います。

 ●最後まで読んで頂きありがとうございます。
 記念にコメント&クリックをいただけると嬉しいです。→e_03.gif

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
感動した商品や役に立つようなサイトやプレゼントなどが当たるサイトなど
ページ右側で紹介しています。一度、立ち寄ってみてください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rough.blog49.fc2.com/tb.php/113-6111e026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。