投資の神様ジム・ロジャースも商品の時代と言っている。いまからでも遅くない商品先物でハイリターン!
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックお願いします。→e_03.gif

さて、今回は商品先物取引で取引できる商品ということでどのような商品があるかを説明していこうと思います。

そして、どこで商品取引の管理をしていて、実際に投資する場合どれだけの投資金が必要かもあわせて紹介していきます。


●管理場所(株で言うならば、東京証券取引所など)
 ・東京工業品取引所
  貴金属、ゴム、アルミニウム、石油などの取引を行っています。

 ・東京穀物商品取引所
  農産物、砂糖などの取引を行っています。

 ・大阪商品取引所
  ゴム、技術的格付けゴム、ニッケル、アルミニウム、天然ゴム指数などの取引を行っています。

 ・関西商品取引所
  農産物、砂糖、生糸、農産物・飼料指数、水産物などの取引を行っています。

 ・中部商品取引所
  石油、畜産物、鉄スクラップなどの取引を行っています。

 ・福岡商品取引所
  農産物、砂糖などの取引を行っています。

●どんな商品に投資するのか?そしてどれだけの投資金がいるのか?
 全部紹介することはできませんので、主要と思われる商品を紹介します。

東京工業品取引所の場合(2006年6月現在)で取り扱いをしている商品に投資する場合、下記内容となります。大阪や福岡、中部など同一商品が取引できる場合がありますが、その取引所に定められた取引証拠金となりますので、必ずしも取引証拠金が同じとは限りません。

 ◆貴金属(東京工業品取引所の場合 2006年6月現在)
  ・金 (ゴールド) 取引証拠金 1枚単位  90,000円 値幅制限  60円
  ・白金(プラチナ) 取引証拠金 1枚単位  75,000円 値幅制限 100円
  ・銀 (シルバー) 取引証拠金 1枚単位 162,000円 値幅制限  18円

 ◆石油(東京工業品取引所の場合 2006年6月現在)
  ・原油       取引証拠金 1枚単位  90,000円 値幅制限 1200円
  ・ガソリン     取引証拠金 1枚単位 135,000円 値幅制限 1800円
 ◆農産物(東京穀物商品取引所の場合 2006年6月現在)
  ・一般大豆     取引証拠金 1枚単位  60,000円 値幅制限 800円
  ・とうもろこし   取引証拠金 1枚単位  60,000円 値幅制限 400円
  ・アラビカコーヒー 取引証拠金 1枚単位  60,000円 値幅制限 800円

このようにどの商品でも1枚単位から投資ができます。値幅制限とは1日で取引されて決まる商品の値段の範囲です。金ならば、前日終値が2000円だとすると最大値幅として+60円か-60円までとなります。

詳しい内容は、各取引所で自分自身で確認していただくほうが間違いはないと思います。もしわからないことがあるならばコメントなどいただければ、できるだけ詳しく説明させていただきます。もちろんわかる範囲ですが・・(笑)

次回は、商品先物取引の投資できるまでの説明をします。

●最後まで読んで頂きありがとうございます。
 記念にコメント&クリックをいただけると嬉しいです。→e_03.gif

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
感動した商品や役に立つようなサイトやプレゼントなどが当たるサイトなど
ページ右側で紹介しています。一度、立ち寄ってみてください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rough.blog49.fc2.com/tb.php/122-6520dc32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2006/08/29(火) 13:41:48 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。